法人設立・許可申請・相続は…MAN-KIND Service 小田島行政書士事務所 | 福島県福島市

福島県福島市にある、法人設立や各種許可申請代行、遺産相続などの相談やご用命は小田島行政書士事務所へ。【法人設立】最短7日スピード設立。福島・仙台・山形対応。株式会社や合同会社の登記(商業登記)・法人設立、建設業許可や産廃業許可、自動車登録などの手続きを行っております。また、遺産相続や遺産分割、遺言書作成などのご相談も承ります。 福島駅から徒歩10分

行政書士おだしまの事件簿~建設業許可編その1~

2014-07-22

gyouseishosiodasimajikenbo2

行政書士おだしまの事件簿~建設業許可編その1~

 

こちらのコーナーでは行政書士事務所によくあるご相談を、物語形式でお送りします。

 

**********

 

閑静な商店街のとあるレンガ造りのビルの1階に行政書士おだしま事務所はある。

 

暇そうに・・・いや、忙しい時間の合間をぬって新聞を読みコーヒーを飲んでいたおだしまのもとに、一件の着信があった。

 

電話の主はすぐに会って相談したいとのことで、幸いにもそのとき時間が空いていたため、そのまま来所いただくことになった。

 

相談主の置賜さんは、来所後名刺交換もそこそこに話を切り出した。

 

置賜「おだしまさん、なんとしても建設業の許可を取りたいんだけど、どうにかならないだろうか?」

 

相談者は地元の建設会社で役員を務めた後、独立して自分で会社を起こした置賜さん。

 

今回大きな契約があり、そのために建設業の許可をどうしても取りたいのだそうだ。

 

実は建設業の許可というのは必ずとらなくていけないものではなく、500万円以下の軽微な工事であれば許可なしでも行うことができるのです。

 

ただし、500万円を超える大規模な工事には必ず建設業の資格を持っていないと行うことができません。

 

おだしま「置賜社長、事情はわかりました。建設業の許可を取るためには大きく2つの条件が必要になるんです。

 

それが、専任技術者と経営管理責任者です。

 

これらを満たしていないとどうやってもとることができません。」

 

置賜「それはどういった条件なんですか??」

 

建設の許可をとるための、条件とはいったいどんなものなのか。次回に続く。

 

**********

 

なおこの内容はフィクションであり実際の人物団体等に一切関係ありません。

 

◇ 本日もご覧いただき、ありがとうございました! ◇

◆法人設立・許可申請・相続手続のプロフェッショナル◆

福島のまちなかの法律家・MAN-KIND Service小田島行政書士事務所

代表・行政書士 小田島 達也

バナー
バナー

事業内容

画像
最短7日から法人設立。電子定款で全国対応
画像
国や県・市町村への許可申請手続
画像
遺言書・遺産相続はお任せください
facebook
twitter