法人設立・許可申請・相続は…MAN-KIND Service 小田島行政書士事務所 | 福島県福島市

福島県福島市にある、法人設立や各種許可申請代行、遺産相続などの相談やご用命は小田島行政書士事務所へ。【法人設立】最短7日スピード設立。福島・仙台・山形対応。株式会社や合同会社の登記(商業登記)・法人設立、建設業許可や産廃業許可、自動車登録などの手続きを行っております。また、遺産相続や遺産分割、遺言書作成などのご相談も承ります。 福島駅から徒歩10分

行政書士おだしまの事件簿~建設業許可編その2~

2014-07-23

gyouseishosiodasimajikenbo2

行政書士おだしまの事件簿~建設業許可編その2~

 

こちらのコーナーでは行政書士事務所によくあるご相談を、物語形式でお送りします。

 

**********

 

おだしま「まずは経営管理責任者の要件です。

 

個人事業主もしくは会社役員として、建設業での経営経験が5年以上ある必要があります。

 

置賜さんは今回大工で許可を取りたいことですよね。そうなると大工業での経営経験がこれ以上必要になるなりますがいかがでしょう?」

 

置賜「いえ、実は前の会社では建築一式工事ばかりをやっていまして、それだとだめなのでしょうか?」

 

置賜社長は心配そうに尋ねる。

 

おだしま「例えば建築一式工事業であっても7年以上の経営経験があれば、それでも大丈夫なんですよ。

 

他の業種でも7年以上の経験があればどの建設業種でも取ることができるんです」

 

置賜「それならよかった!私は前の会社で10年以上役員やっていますからね」

 

置賜社長はほっとした様子で答えた。

 

おだしま「では経営管理責任者の条件はクリアですね。では2つ目の要件の確認に移りましょう。

 

2つ目の要件は、専任技術者です。

 

おだしまのいう「専任技術者」とはいったいどんな要件なのか。次回に続く。

 

**********

 

なおこの内容はフィクションであり実際の人物団体等に一切関係ありません。

 

◇ 本日もご覧いただき、ありがとうございました! ◇

◆法人設立・許可申請・相続手続のプロフェッショナル◆

福島のまちなかの法律家・MAN-KIND Service小田島行政書士事務所

代表・行政書士 小田島 達也

バナー
バナー

事業内容

画像
最短7日から法人設立。電子定款で全国対応
画像
国や県・市町村への許可申請手続
画像
遺言書・遺産相続はお任せください
facebook
twitter