法人設立・許可申請・相続は…MAN-KIND Service 小田島行政書士事務所 | 福島県福島市

福島県福島市にある、法人設立や各種許可申請代行、遺産相続などの相談やご用命は小田島行政書士事務所へ。【法人設立】最短7日スピード設立。福島・仙台・山形対応。株式会社や合同会社の登記(商業登記)・法人設立、建設業許可や産廃業許可、自動車登録などの手続きを行っております。また、遺産相続や遺産分割、遺言書作成などのご相談も承ります。 福島駅から徒歩10分

Archive for the ‘一般社団法人’ Category

どんな法人にすればよいのか?

2014-04-24

おはようございます!福島のまちなかの法律家、行政書士の小田島です。

 

事業を法人化する際、どのような形態がよいのか悩むところだと思います。

 

法人には大きく分けて、営利法人と非営利法人があります。

 

営利法人が、株式会社、合同会社などの会社、非営利法人がNPO法人などですね。

 

両方の形をもった一般社団法人というものもあります。

 

また、法人が集まって形成する組合というものもあります。

 

非営利法人が行う非営利事業は税制面で優遇されますが、会社のように利益を配分することは難しいなど、それぞれの法人によって特徴があります。

 

行いたい事業の性質から、どんな法人にすべきか決めたほうがよいですね。

 

◇ 本日もご覧いただき、ありがとうございました! ◇
◆法人設立・許可申請・相続手続のプロフェッショナル◆
福島のまちなかの法律家・MAN-KIND Service小田島行政書士事務所
代表・行政書士 小田島 達也

定款の認証とは

2014-04-21

こんにちは!福島のまちなかの法律家、行政書士の小田島です。

 

会社を作る手続きの中で、定款の認証というものがあります。

 

これは、その定款が会社のルールとして法律に則ったものであるか、公証人がチェックし、公的に認証するという制度です。

 

定款の認証を行うことで、その会社のルールは名実ともに公的に認められたといえるんですね。

 

定款の認証を行う公証人役場は、設立する法務局の管轄内のものに限るとされています。

 

つまり、福島県内に住所を置く(福島地方法務局管轄)会社の定款認証は、県内どこの公証人役場でもできますが、県外ではできないということですね。

 

◇ 本日もご覧いただき、ありがとうございました! ◇
◆法人設立・許可申請・相続手続のプロフェッショナル◆
福島のまちなかの法律家・MAN-KIND Service小田島行政書士事務所
代表・行政書士 小田島 達也

電子定款とは?

2014-04-12

こんにちは!福島のまちなかの法律家、行政書士の小田島です。

会社に限らず、法人は設立時に必ず定款を作成します。

定款はいわば法人のルールブックのようなもので、どんな名前で、どこに所在して、どのようなことを目的に活動する法人なのかというようなことが記載されています。

そして、定款には通常、4万円の印紙税がかかります。
法人立ち上げ時にとっては、意外と大きい出費なんですよね。

ところが、この印紙税4万円を不要にする方法があるんです。

それが、「電子定款」です。
電子定款は読んで字のごとく、定款を電子化したもので、つまり扱い上は電子書物となり、「紙」ではなくなります。

印紙税は、契約書などの「紙」に対してかかるので、電子定款にする以上は、印紙税がかからないということなのです。

ぜひとも利用したい方法ですね!

◇ 本日もご覧いただき、ありがとうございました! ◇
◆法人設立・許可申請・相続手続のプロフェッショナル◆
福島のまちなかの法律家・MAN-KIND Service小田島行政書士事務所
代表・行政書士 小田島 達也

バナー
バナー

事業内容

画像
最短7日から法人設立。電子定款で全国対応
画像
国や県・市町村への許可申請手続
画像
遺言書・遺産相続はお任せください
facebook
twitter